« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

宅配の当日再配達

宅配のお世話になることが多い。

再配達も同様

その当日再配達の受付締め切り時刻が

20時から19時に短縮されるらしい。

当日の再配達は、

できるだけオンライン受付を使うようにしている。

ドライバーの携帯へ直接かけない理由は

自分がその人の身になって考えると

まず運転中、電話がなるとイライラする。

運転に自信がないので事故ると困る。

そういう余裕のない状況にかかってきた

電話におもわず舌打ちをしてしまうかもしれない・・・・

などなど妄想すればキリがない。


後輩とこの内容を話すと

専門のドライバーなんだから

慣れているはず

そんなこと気を遣ってたら

翌日に回されるだけ

損をするのは、自分!

と切りすてられた(ーー;)

確かにあちらさんもお仕事

一つでも多く運ぶほうが

自分の成績にはなるんだろうが

再度配達してもらって申し訳ないって

気持ちは持ちたいかなあ~(^-^;




| | コメント (0)

体力、黄色信号

やばい!

本日のサークルで体力が超落ちていることを

再確認した。

足が動かないとか

腹筋が・・・とかじゃなく

フツーに体力がない

息切れが半端ない。

昨年の夏と同じ

この感覚は、マジでまずい(>_<)


周りからは「いつもより動いてる」のお言葉

それって、いつも手を抜いてる?(^-^;

そういうつもりはないんだけどなぁ・・・

悩んでも仕方ないが

試合まで1週間

パートナーに迷惑をかけないように

コソ練しなくては!

テニスの課題をまた掘り起こされた

いままでグリップを変えずにやってきた。

過去には変えていたが、

瞬時の変更ができずに苦労していたら

元コーチから「できないなら変えずにやればいい」

の一言でずっと同じ

サーブ、ストローク、ボレー・・・全部一緒(のつもり)

確かに面を変えるには、

グリップを変えるべきなんだろうが

何かを変えるとまたどこかがおかしくなる感じ。


元コーチの言葉によると

そういう感覚って人それぞれだから

やりやすいグリップでいいとのこと

要は、心も体も頑固だから

好きにやれってことなんでしょうね・・・(^-^;

| | コメント (0)

ローカル環境構築 その2

その後…やはりつながらない。

とあるサイトの質問コーナーで

懇切丁寧に解説をしてアドバイスも

いただいたが解決にいたらず・・・

こういうときは最初にもどって

余計なことはせずに

基本に忠実に従う

ということで・・・

最新バージョンから

お勉強サイトと同じ

5段階古いバージョンに戻して

いちからやり直し

できました!!!喜

新しいからってよいわけじゃないって

こういうことなんだ

備忘のため、やったことをメモっておこう

1.)VirtualBoxでの仮想化のため、

PCの「仮想化支援機構(Virtualization Technology)」を有効化しておく。

手順はPCのメーカー・機種ごとに異なるので、Webサイト等で確認すること。

「Virtualization Technology (VTx)」にチェックし保存


2)必要ファイル類をダウンロード・インストール

virtualBox5.1.18

Vagrant1.8.6(1.9.3はだめでした)

Putty0.68(日本語化はやめました)


3)仮想空間の立ち上げ

ひとまず下記AからIまでをメモ帳などに張っておく

--ここから

A)# vagrantの便利なプラグインを導入

vagrant plugin install vagrant-vbguest

B)# 今後複数の仮想マシンを作ることを想定して、それらをまとめるフォルダ(MyVagrant)を作る

mkdir MyVagrant

C)# MyVagrantに移動する

cd MyVagrant

D)# 仮想マシンを作るフォルダを作る(MyCentOS)

mkdir MyCentOS

E)# MyCentOSに移動する

cd MyCentOS

F)# 仮想マシン設定用のVagrantfileを作る

vagrant init bento/centos-6.8

G)# Vagrantfileを編集する

Vagrant.configure do |config|;

config.vm.box = bento/centos-6.8

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10" --->#のコメントを外しただけ

end

H)# 仮想マシンを起動する(少し時間がかかる)

vagrant up

I) 仮想マシンの状態を確認する

vagrant status

--ここまで

4)powershellを起動して、上記メモ帳の内容を1行ずつ丁寧に張り付けていく。

5)I)まで終わったら、その画面のまま192.168.33.10にPingを打ってみる。

そこでタイムアウトしなければ大丈夫。

6)次にPuttyの画面から接続

セキュリティソフトもそのままでOK。


明日から先にすすめそう(^^♪


楽しみ、楽しみ

lovely

| | コメント (0)

人との接し方

神戸製鋼の平尾氏をしのぶ「感謝の集い」が開催され

その際のノーベル賞受賞者の山中伸弥教授の弔辞が

神戸新聞に掲載されているのを見つけた。

その中で「人を叱るときの心得」というのがあった。

1.プレーは叱っても人格は責めない

2..あとで必ずフォローする

3.他人と比較しない

4.長時間叱らない


生前の平尾氏は誰もが認める「かっこいい男」


亡くなってからも「かっこいい男」

この心得を弔辞に入れる山中氏もかっこいい


ボクもこんなふうにに叱られたい!

| | コメント (0)

PHP学習 ローカル環境作成

新しくいちからPHPの勉強を始めることにした。


手始めにローカル環境の作成

今までは、レンタルサーバーを利用して

あれころいじっていたけれど

どうせなら何もないところから始めてみようかと…

 http://qiita.com/ozawan/items/160728f7c6b10c73b97e

  1. VirtualBoxのインストール

    https://www.virment.com/how-to-install-virtualbox/

  2. Vagrantのインストール

    https://www.vagrantup.com/

  3. Puttyのインストール

    http://webkaru.net/linux/putty-install/

取り組みだしてから数日

すでにコケまくっている(>_<)

いろいろサイトを見ているがなんのこっちゃさっぱりわからん・・・

挫折の色、濃厚・・・(-_-;)

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »