« 姿勢 | トップページ | 着信履歴 »

感覚

顧問先が来訪してくる

先方にもこちら側の人間にもお茶をだす。


長い間、疑問に思わず行っていたが

うちの事務所のお姫様は、

自分の分はいらないという。



人の感覚は様々だから

決めつけるのはおかしいかもしれないけど

客側から考えてみて
 
相手が飲まない状況では

飲みづらいだろうという考えはないのか?


ネットで

「自社側の人間にお茶を出すか?」と

検索してみたところ

経費節約ってことで自社側の人間には出さないところも

あるらしいが

ほぼ、どちらにも同じようにだす意見が多数で

理由としては先のように片方では

飲みづらいというのがあり

自分の感覚が異質でないことにほっとした。


確かにカウンターなどの接客では

客側にしか出ない場合もある。


そもそもお客にお茶を出すべきか?の

問いかけもある。

以前、ある社で出されたのは、冬でも水だった。


確かに世界的にも水は貴重

お客様に出して何が悪い・・・ってことかな?



|

« 姿勢 | トップページ | 着信履歴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姿勢 | トップページ | 着信履歴 »