« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

止まれといわれても・・・♪

スクールでした。

平衡陣からの展開・・・かな?

逆クロス相手コートのバックにボールを入れて

そんでもって次・・・ってことらしい

らしいっていうのは、途中からコーチの説明がよくわからないcoldsweats01

とりあえず、「打つ時にとまれ」だけわかった。

ですが・・・

知らん間に動いてしまいますがな

ずっと止まってるのはできるんやけどねぇ~

| | コメント (9)

second place

20140727_chisan

試合に行ってきました。

今回は、ちょっと遠出。

前日のサークルの疲れを感じ

パートナーのお迎えに遅刻するという失態

申し訳ないことでございますm(__)m

お天気は曇天

すこし小雨がふったりだったけど

おかげですこぶる動きやすく

思うようにボールが入ってくれました。

対戦相手の不調にも助けられ

結果 6-3と6-0

ブロックは、なんと1位通過

試合会場は、のどかーーーな雰囲気

地元農家の軽トラで野菜の直売コーナーもあり

(紫玉ねぎが3個50円、ゴーヤ100円などなど・・・安!)

とても楽しい物でした。

で、トーナメント

ちょっとスローテンポな対戦相手にイラッpout

それでもどうにかしのぎがんばった。

(もちろんパートナーが・・・coldsweats01

ボクは・・・

凡ミス続きのサービス

ポイントがかかったところで

何とか入ってくれたsign01

相手が、ポシャッてくれたsign03

6-4で勝利up

この時点で準優勝決定

戦利品は、丹波の地鶏

ちょっとだけ安堵

でも、今思えば、それがまずかったかな?

そこから待ち時間が長く

身体が固まってしまった。happy02

次に対戦するペアの試合を見ながら

身体を動かしたりはしたけど

一度固まったものは、おいそれと動かない

相手は、もっと輪をかけた凡ミスのオンパレードで

3球続くと大きく放り出してくれていたのに

それでも勝ちきれなかった。

丁寧に・・・しぶとく・・・なんだろうなぁ~

勝利の品は同じだけど、一位と二位は違うよなぁ~

あぁ・・・・勝ち切りたいですわ

Dsc_0096



Dsc_0092

| | コメント (0)

ウォッチできない?

ボールの行き先を見きれない

見送って入っているのも嫌だし

でも、あとから「アウトだよ」と言われるのも

しょげまするm(__)m

今日も打った後で「アウトだ!」と叫ぶ始末

んーーーどうしたらよかべ?

| | コメント (4)

テニスボール

いつもテニスボールを箱で買います。

今回、また浮気心が出ました。

ずっと気になっていたW社を購入。

で、本日開封。

感想・・・

個人的な打感は、D社より軽いかな?

でも、NG

2時間使っただけで外側のフェルトがモロモロ

こりゃ長持ちしないねぇ~

| | コメント (0)

試合後のむなしさ・・・半端ない

試合に行ってきました。

なんといいますか・・・

自分の手足の他人感とでもいいますか

どう動いたら、そんな所にボールが飛ぶのでしょう状態

もちろん、マイナスの意味

今回ボクたちのブロックは

一組DEFがでたため3チーム

リーグ戦、第一試合

身体がほぐれる前に

試合が終わってました。

やってはいけないタコでした

放心状態で次にあたるチームの対戦を

見ていました。

なんか前回の試合で見たことあるスピンロブの応酬

接戦みたいだったけど終わってみれば

先ほど戦った相手が勝利


続いて、第二試合

ある程度の下見をしていたのもあるし

先ほどの試合の不甲斐なさに目が覚めたか・・・

6-1の勝利

この時点で2位通過

少し気持ちにゆとりができ

トーナメントまで

他の試合を観戦

皆、真剣

パートナーのミスに手厳し指摘

ボクのパートナー様が優しい人でよかったlovely

トーナメント開始

相手は、先ほどの怖い指摘の人たち

もつれて5-5の40-40

ラリーの末、ボールをボクが短く上げてしまったbearing

万事窮すとおもいきや

相手はネットにひっかけ試合終了

とりあえず6-5で勝ち上がり

続いてトーナメント2戦目

ここが難敵

何回か試合で当たってる。

当然、相手は自信ありあり

まぁ・・・うまいんだろうけど・・・

なんか・・・・やな相手

全てにおいてリズムが合わないペア

このやな感じってのは曲者

身体の動きを鈍くする。

2-6で持っていかれました。

いまさらながら

動けなかった自分がふがいない

次・・・

どうにか乗り越えよう!








| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »