« プチアドバイス | トップページ | 腱鞘炎手前 »

ちょっとしたひらめき

本日のサークルは、先日の対抗戦の反省を

踏まえて・・・いろいろと自分なりの模索をしてみました

ポイント1:攻める姿勢

自分なりにがんばってみましたが・・

結果・・・おかしいなぁ~(~_~;)

リターンを狙ってみましたが、コート内に納まりません

ポーチも「出れるよね。。」っていう打球いっぱい

んーーー考えすぎて熱がでそう

ただ、少しわかったことは意識がないと始まらないってこと

ポイント2:サーブでの体の使い方

これ。。。ぼた餅てきなもんなんだけど

ふとトスアップしながら

以前、サーブで二の腕の痛めそのときのドクターに言われた

「肩甲骨をつかわなきゃ」っていう一言を思い出した。

で、左右の肩甲骨を入れ替えてまわすイメージ

するとラケットのあたりがとてもよい

あら・・いいじゃん

この「肩甲骨の入れ替え」って言葉、先日のスクールで

ボレーのときに言われたコーチの言葉

しばらくこのポイントでいきましょう!!(笑)

ポイント3:もう一歩

前衛にあがるポイントがやはり手前過ぎる

あと一歩あれば楽なのに・・・

今日のボレーでも

「なんであんなしんどい体制で・・・・」ごもっとも・・・

「なんであんなマニアックなコースをねらうかな・・・」さぁーーー

サーブで生きた「肩甲骨の入れ替え」のイメージがこちらではダメですね

入れ替える前に足が止まってしまうんで

問題外ってとこですかね

サークルカラーも結局は自分の姿勢が整ってからの話

ミスなく粘るテニスに進むか

攻めに転じてポイントGETするか・・・

粘るテニスは体力勝負

攻めのテニスは俊敏な動きが必須

・・・どちらも さよーーならーーー

ずっと変わらず目指しているのは

勝つテニスより負けないテニス

「2番の美学」

わすれてたかも・・・

|

« プチアドバイス | トップページ | 腱鞘炎手前 »

サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチアドバイス | トップページ | 腱鞘炎手前 »