« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

コーチ業は大変、生徒も大変

スクールの振替を消化に・・・

同時に今期最後のレッスン

コーチにしたらテーマの仕上げと

行きたいところだろう

ぼんやり相手を見ること

ボールを見すぎないこと

あわてないこと

どれも単純なことばかりなのに

なんかおかしいねぇ~

今回は球出しレッスンよりゲーム重点

ボクはコーチと組んでお荷物に。。。

これがねーー

コーチはコーチとしてのプライドで

ポイントをGETしたいものでしょう

だけどお荷物が重すぎたり

とんでもないところで手を出してきたりすると

コーチも人間で・・・

それでも口では「どんまい」と・・(苦笑)

もっと言うならそれなりにゲームにしなきゃいけない

コーチも大変だねぇ~

でも、コーチの大変さを

ぴりぴり感じるお荷物の生徒も大変なんだよ・・

| | コメント (0)

オートテニス

今日のサークルは、開始時間少し前に

急に振り出した豪雨のため中止

せっかく行ったのにね~

まぁ、お天気には勝てません。。。

ぎりぎりまで待ってみたけど

結局、足元の水溜りはどうすることもできず

すごすごと帰宅の途

さて、メンバーさんとそのまま帰るのももったいないの話になり

急遽、近くのオートテニス場へGo

何年ぶりのオートテニスだろ・・・?

もちろん、寂れてボロボロの機械

だけど、ボールは出してくれるし

そこそこの早さ、雨天練習にはGood

1回300円、50球くらいあるかな?

まずは自分への課題設定:

→先日からのテーマ「スプリットステップ」

出来ないんだから、やらなきゃね

機械と自分との距離は

ちょうどボレー&ストロークぐらい

左右に振るけれどスピードは上げずに

クリーンにボールを捕らえることだけに集中

最初はなかなか捉えにくく

手元が詰まった状態になった

左右に振られたときはいいけど

ボディに来た場合、時間が短くて

ラケットの用意ができない

となりのボックスではメンバーさんが

バックスライスに磨きをかけてる

ポイントはほとんどはずさない。。。。

楽そうに打ってるんだけどねぇ~

終わって。。。。

まだまだ遅いと感じた

たかがオートテニス、されどオートテニス

気兼ねなく練習するにはもってこい!!

だけど、お金かかるねぇーーー

| | コメント (0)

ボール任せの打球、さらば

本日のポイントはスプリットステップ

これ、大嫌い

っていうか、実のところよくわかってなかった。

タイミングが合うのは最初の1回くらい

あとは、バタバタバタ・・・・ズタズタ・・・(*゚∀゚)=3ハァハァ

スクールのメンバーも同様

なんで???

コーチのいうタイミングが取れない

早い、遅い、動いてない。。。

上じゃない、前にでない。。。

はぁ~???

言われてできなきゃ、見てまねろ!

ごもっとも

コーチの後ろに立って同じようにステップしてみる

あら?・・・遅い。。。

あれ?・・今度は、早い・・・

ぎょえーー難しい~

タイミングが合ってないって言われ

怒られるはず

改めてステップしながら

球出しボールを打ってみる

・・あら・・打てる(v^ー゜)ヤッタネ!!

楽だーーー

コレができるようになると

ボールをコントロールできるようになるらしい

ボールの行方・・

ボールに聞くよりボクに聞け!

強気でいえる日はいつ来るのでしょう?

| | コメント (0)

世間は大変

新型インフルエンザの騒動が

身近に迫ってきた

今朝のテレビでいきなり「神戸で患者が・・・」の文字

ひぇ~大変やん・・・って思ってたら

ネットでも大きな騒ぎになってきた

対岸の火事では、なくなってきたかも・・・・

市営のテニスコートに問い合わせたら

上のほうからの指示がまだで・・・との回答

そりゃそうだよね。。。いきなりの展開で誰しも戸惑ってるだろう

今日のサークルはなんとか開催できた様子。

明日も大丈夫かな?

・・・なんて安易に思ってたら

いきなり「23日まで使用不可」の連絡

はぁーーーそうですぁーーーー(´・ω・`)ショボーン

明日はお天気も泣き空みたいだし

ゆっくり休養としますか(*´ェ`*)

1週間くらいなら休養と割り切れるけど

この時期、事務所の仕事が停滞すると

申告作業は結構大変

これ以上、展開がわるくなりませんように。。。

| | コメント (0)

腱鞘炎手前

スクール、またもやボレー

どうやらコーチは根本的改造を企てている。。。

ふぅーーー勇気あるなぁ~(^_^;)

体が開くボレーの癖

サークルでも指摘されてる・・・ね?(^-^;

体重移動の方向がおかしいらしい

それと、ラケットの位置プラス送り出し方向

いっしょの生徒さんは、だんだんポイントが合ってきている

焦りますなぁ~

言ってる事はわかるんだけど体が動かん

またもや頭が痛い

ついでにひじも痛い

コーチいわく

体の動かし方をとことん変えてるから

しばらくは痛いで・・・って

オイオイ・・そんな無茶な・・・ι(´Д`υ)アセアセ

ジュニアも同じレッスン

コーチの言葉も結構荒っぽい

でもねーーー

数日後には彼らのほうが数段上手になってるんだよね

伸び行くもの、廃れ行くもの

若いって重要だねぇ~

| | コメント (0)

ちょっとしたひらめき

本日のサークルは、先日の対抗戦の反省を

踏まえて・・・いろいろと自分なりの模索をしてみました

ポイント1:攻める姿勢

自分なりにがんばってみましたが・・

結果・・・おかしいなぁ~(~_~;)

リターンを狙ってみましたが、コート内に納まりません

ポーチも「出れるよね。。」っていう打球いっぱい

んーーー考えすぎて熱がでそう

ただ、少しわかったことは意識がないと始まらないってこと

ポイント2:サーブでの体の使い方

これ。。。ぼた餅てきなもんなんだけど

ふとトスアップしながら

以前、サーブで二の腕の痛めそのときのドクターに言われた

「肩甲骨をつかわなきゃ」っていう一言を思い出した。

で、左右の肩甲骨を入れ替えてまわすイメージ

するとラケットのあたりがとてもよいflair

あら・・いいじゃんup

この「肩甲骨の入れ替え」って言葉、先日のスクールで

ボレーのときに言われたコーチの言葉

しばらくこのポイントでいきましょう!!(笑)

ポイント3:もう一歩

前衛にあがるポイントがやはり手前過ぎる

あと一歩あれば楽なのに・・・

今日のボレーでも

「なんであんなしんどい体制で・・・・」ごもっとも・・・despair

「なんであんなマニアックなコースをねらうかな・・・」さぁーーーdespair

サーブで生きた「肩甲骨の入れ替え」のイメージがこちらではダメですね

入れ替える前に足が止まってしまうんで

問題外ってとこですかね

サークルカラーも結局は自分の姿勢が整ってからの話

ミスなく粘るテニスに進むか

攻めに転じてポイントGETするか・・・

粘るテニスは体力勝負

攻めのテニスは俊敏な動きが必須

・・・どちらも さよーーならーーーheart03

ずっと変わらず目指しているのは

勝つテニスより負けないテニス

「2番の美学」

わすれてたかも・・・

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »