« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

リア王

梅田で友人と観劇

今回は蜷川作品の「リア王」

独特の重厚な感じ

光と壁の使い方に特徴があった

期待していった分、最初の重々しさが苦痛ではあった

でも、おそらくほかの誰もがしないような演出

素人がみても世界が賞賛するのもわかる気がする

出演者は

平幹ニ郎氏

さすがです(感)

声を張り上げるわけでもないのに

言葉の一つ一つが劇場中に響いて

悲しさを観客に伝えてきました

とよた真帆氏

正直、期待してなかった(ごめんなさい)

でも立ち姿がきれいだし、言葉も明瞭

プロですね

大好きな高橋洋氏

いつもながらあのカツレツ

俊敏な動き・・・お惚けのキャラもOK

内山理名氏

期待していた。。。でも、ちょっと力不足

まぁ、仕方ないかな・・・大先輩の重圧に負けたか?

発声が未熟なのか

舞台向きの声ではないように思う

開演18:30、終演10:15

熱い時間でした

そのあとの

数えられないくらいのカーテンコールは

観客一同の答えだと思う

さて、次は何を見よう!

重いテーマが続いたので今度はコメディかな?

| | コメント (0)

体の向き

今日のスクールはすこし気温も落ち着いて

すごしやすい時間

さて。。内容は・・・う~む・・・( ̄- ̄)

わかるんだけどねぇ~(いっつもやん♪)

今日の「目からうろこ」はからだの向き

並行陣の前衛の体の向きで「ほぉーなるほど!!」とうなった

普段、前衛になったとき

相手の前衛に向かうように構えてしまう

理由:むかし、そういわれた気がする・・・遠い昔・・・...( = =) トオイメ

いっしょに習ってる人もそう思ってたらしい

こちらはちゃんと「雁行陣の構え」として・・って説明つきだったけど・・・

だけど、並行陣はちょっと違うのかな?

コーチも自分のパートナーに背中を向けて構えてる

相手がサイドに振られたときも

自分なら同じようにサイドに動いてしまうけど

コーチはボールに対して向かい

横ではなく前に動けという

確かに後ろにいるパートナーはセンターがしまって動きやすいぞ

このうごき、すごい威力!!

早いうちにものにせねば(^_^)v

| | コメント (0)

Stop!

コーチに叫ばれた(苦笑)

スクールでのこと

相手がボールを打つ前に動きすぎると

再三注意され・・・

最後には打った瞬間に「そこでSTOP!」と叫ばれてしまった

相当、体が動いているらしい

自分での意識では、とまっているんだけど・・・

(よけいに怪しい)

相手ボールのコースをあらかじめ読むのは大事

だけど、動いてしまうと逆をつかれる

自分は自分が打ってから相手が打つまで動けない

・・・ってことの教えらしい

確かにね

サークルでも逆に打たれることしばしば

ボールを追うのも遠回り

すべて、その体のぶれのせいらしい

カンタンそうなことなんだけど

奥が深い

理解不能の「コーチ語」の次は「叫び」

次はなんでしょう??

| | コメント (0)

FedCup2008

フォドカップ2008に行ってきました。

三宮から直通の無料バスにのって

はるばる三木のビーンズドームまで・・・

いろいろと用事が立て込んでしまい

試合会場についたのは、第一試合の後半

森上選手が奮闘してました

伸びのあるストロークで手堅くGET!

続く中村選手も途中危うかったけど

なんとか踏ん張って勝利!!

第三試合のダブルスでは

藤原、森田選手の気迫のプレーの数々

ホームでは応援も実力の一部になるってことですかね

相手クロアチアの選手も

ストロークで振り回したり

すばらしいサービスで魅了してくれました。

やっぱりプロってすごいですねぇ

何回見てもそう思う。

あのプレーのほんの少しでも与えてもらえたら。。。

#多分もっと欲がでるんだろうなぁ~(笑)

今後のテニスで生かせるように

夢でもう一度熱戦をふりかえりまする・・・ではでは・・・

| | コメント (0)

腰痛

本日のサークル計6名

皆様、ハードヒッターの方々ばかり

面圧で吹っ飛ばされそうなラケットを

必死にささえるものだから腰に来たようです(>_<)

影の声で、「そんなに支えてたっけ?」と聞こえそうなんだけど

一応、支えました!ハイ

それにしても早い打球ばかりで疲れました。

慣れなきゃね

以前のミックスでもかなり打球の早い方がおられました

のほほんテニスに甘んじてはイカンのかな?

今回はちょっとだけコーチの言葉を習ったことを生かせた

・・・としておこう

自分のパートナーとの連携

助けてくれるのは自分のパートナーさん

頼りにしてます(^_^)v

ボクができることは

「パートナーをできるだけ地獄に落とさないように」(苦笑)

ただ今、多発性ダブルフォルト発病中

この間発病してからしつこいみたいで・・・重症~

今日も多かった。。。

いつになったら治るのか

腰痛とともに去ってくれ~

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »