« 2005年11月 | トップページ | 2006年7月 »

友人

ホントに久しぶりの友人と携帯で話した。

48分・・結構長話。

来月、その友人の住む広島に行く予定。

旅行の計画は同行する友人が立てているのだが

その中の一部の観光案内を広島の友人に頼んでいてその話だった。

直接会ったことはなく

思い出した頃にメールで近況をやりとりしている間柄。

会うのは初めて・・・そう。。ネットで知り合った友人だ。

仕事ではお互いの地域に行き来していて

「時間が合えば合いたいね」なーんていいながら

かれこれ・・10年くらいになるだろうか??(苦笑)

特に何を相談するでもなく

思い出した時にそのときのことをメールしている。

そういえば、一時期は凝っていたという銀細工の指輪をもらったことがある。

すんでいる距離が近くても何もやり取りのない友人もいる。

遠い友人・・・遠いのは何?

|

妄想

久々に友人からのTEL

体の不調を告げるとご飯を持ってくるという。

いろいろと聞けば当人も先日救急車のお世話になったとか・・・

こちらはまだ、救急車のお世話になったことはない。

どんな風に御願いしたらよいものか

とっさの時に頭が回るだろうか?

友人は日ごろから身の回りのものの入院用意をしておいたそうだ。

交通事故なら仕方がないが、部屋で苦しんだ場合

隊員の方々が部屋にくる????

いまさらながら急な出来事に対応できる部屋にしておかないとまずいことに気が付いた。

・・・というわけで

まだ不調ながら部屋の掃除をして先ほどよりまたもや熱に苦しんでいる。

これらも熱の妄想か?

|

覚醒?

前回の日記よりずいぶんと時間がたった。

その間にいろいろな出来事があった。

短い間で100歳くらい年をとったのではないかと感じてしまったが

鏡の中は、どうにか持ちこたえている雰囲気だ。

*********************************************

茨木のりこさんの「自分の感受性くらい」という詩を読んだ。

過去になんとなく聞いた記憶があるが

国語の時間だったかどこでだったか覚えていない。

自分自身の目覚ましになった気がした。

*********************************************

とうとう寝込んだ。

仕事も忙しいし食欲もないので水物ばかりですごしていたら

そのままB型ウイルス(?)というものにやられた。

高熱、気管支炎のような堰、倦怠感・・・etc

もちろん起き上がれないし食事も取れない。

アイスノン片手にさすがに怖くなった。

加齢とともに復調に時間がかかるのは、自然のことか??

本日、まだウイルスから開放されていない(泣)

|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年7月 »